何ができるか考えよう!親子で学ぶ、食と暮らしの安全

入場無料 保護者の方も、是非ご参加ください! 対象1~6年生

みんなの生活にかかわる食の安全や暮らしの安全について、一緒に学び、
自分でできること、気をつけることを考えてみませんか?
自由研究に役立つミニセミナーへの参加や、
食と暮らしの安全について調べてオリジナルすごろくを作ろう!

消費者庁の「子どもを事故から守る!プロジェクト」シンボルキャラクター、「アブナイカモ」と記念撮影も!

保護者の
皆様へ

普段の暮らしの中で、食べ物の安全性に対して不安を抱く一方、
家庭での食品の取扱いに無頓着になったりしていませんか?
お子さんが思わぬ怪我をしたり、ヒヤリとした経験はないでしょうか?
食品を中心に暮らしの安全についてお知らせします。

  • 終了
  • 終了
  • 終了
  • すごろく作り

    参加方法
    当日受付
    定員
    随時受付
  • ブース内ミニセミナー

    参加方法
    整理券制
    定員
    10名程度

    ※ブース内ミニセミナーはブースでの整理券配付となります。

知ろう!考えよう!親子で学ぶ、食品中の放射性物質

ブース内での食品に関する
リスクコミュニケーションの開催

放射線や放射性物質のこと、よくわからない、なんとなく怖いと思っていませんか?
小学生やその保護者の皆さんに、放射線の基礎から、
食品中の放射性物質への対策や現状について、分かりやすく説明します。
この機会に日頃の疑問や不安を質問しましょう。

参加方法

事前申込を受付けますので下記アドレスまで代表者のお名前、参加希望人数、 希望時間をご記入の上お申込みください。


※定員になり次第終了させて頂きます。

参加対象
4〜6年生
(保護者の方も、是非ご参加ください。)
定員
20名程度

神戸学院大学
研究支援センター 研究支援グループ
礒部 久美氏

東京
仙台
大阪